プログラミング初心者がProgateで失敗した話[雑記]

プログラミング初心者がProgateで失敗

こんにちは!

今日はプログラミング初心者の私がprogateで失敗した話をしていきますね。

プログラミング始めたいけど、何から始めたらいいんだろうか?と迷っている時に、よく目にするprogateという文字。

私が実際にprogateをやってみて、失敗したー!って言う経験をもとに書いていきたいと思います。

progateをやる時は、ここだけには注意してね!ってポイントを書いていきたいと思うので、気になる方は最後まで見てってください。

Progateってなに?

progateのHP画像
出典:Progate

そもそもProgateってなんだろうという方のために、簡単に説明します。

Progateとはプログラミング初心者のための学習サイトです。ユーザー数が250万人以上、提供する国の数は100ヶ国位以上のグローバルなプログラミング学習サービスです。

Progateはスライドで学習した後に、実際にプログラミングを行うので自分が書いたコードがどう動くのかが直感的にわかる学習体系を構築しています。

またコードを打ち間違えても、どこのコードが間違っているか教えてくれる機能もあるので、躓くことが少ない親切設計になっています。

どんな事が学べるのか?

Web版とスマホアプリ版があるのですが、私が勉強したWeb版だと14のコースがあります。Progateの良いところは自分のパソコンに環境構築をすることなく、勉強することができるので初心者にすごくオススメできるサービスです。

Noコース名
1HTML/CSS
2JavaScript
3jQuery
4Ruby on Rails5
5PHP
6Java
7Python
8Command Line
9Git
10SQL
11Sass
12Go
13React
14Node.js

初心者(私)は環境構築するだけでも一苦労なんです…

私が勉強しているPythonは、Youtubeを見ながら環境構築を行いました。

Youtubeという無料で教えてくれるサイトもありますが、Pythonを自分のPCに入れるのでさえ、心が折れそうになった私から言わせてもらうと。

私

環境構築無しで、色んな言語を触れるのは素晴らしい!!

自分のPCのログイン名を日本語にしていたので、上手くいかなかったんですがね…

そんな感じで、自分の知らない壁にぶち当たることも多いので、環境構築することがないというだけでも素晴らしい学習サイトなんですよ!

基礎的なことばかりなので、物足りない人もいるかも

Progateでは基礎的な教えてくれるので、この学習サイトでアプリを作成することはありません。

ただ初めの一歩は確実に教えてくれるので、興味の湧いた言語を試すチャンスがあります。

実際にこのProgateを経てアプリを作ったという人もいるので、興味のある方は勉強してみてください。

参考にリンクを貼っておきますねー

Progateの恐ろしい罠

冒険に出る勇者の画像

Progateで学習を進めていくと、経験値が手に入ります。経験値と言っても現実にではなく、Progate上で手に入る経験値です。(笑)

その経験値を貯めるとレベルが上がるので、なんか進んでいる感じになってモチベーションが上がってくるんですよね。

また日間・週間などの期間で、入手した経験値によってランキングが掲載されます。そのため周りで一緒にプログラミングの勉強を頑張ってる人がいるんだ!という、一体感とともに、自分の方が頑張ってるんだ!という対抗意識が芽生えてしまいます。(笑)

これがProgateが用意した罠だとは知らず、この経験値の獲得システムにはまってしまいました。

上位を目指して

ある程度、学習コースを勉強するとプログラミングとは、こんなものなんだなぁーとわかった気になってきます。

そのため、この頃からその日の獲得経験値のランキングを気にするようになってしまいました。

長期休暇だったこともあり、パソコンにかぶりついて、基礎を復習して勉強していました。

その結果、長期休暇の最終日には上位一桁まで食い込むことができました。

スライムばかり倒しても、魔王は倒せない

挫折するパソコンの画像

ランキングの上位になって、いい気になっていましたが、終わった後に気が付いてしまいました。

基礎ばかりやっても、アプリを作ったり、サービスを作ったりすることはできないんだと….

当たり前ですよね、私は始まりの村でひたすらレベル上げをしているフリをしていたんですから(笑)

アプリやサービスを完成させることが、最終目標なら始まりの村から旅立って、色んな敵と対峙しないといけないんです。

恥ずかしい話、1ヶ月まるまるProgateを楽しんだ後に気がついてしまいました。

経験値は無駄にならなかった

基礎文法と言うスライムばかり倒していた私ですが、Progateの学習後、Youtubeを使ってWebデザインの勉強に移りました。

勉強したはずなのになんとなくしか、わからない(汗)という状態になっていました。

そのため、1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座という本を購入して勉強しました。

この本はWEBデザインをHTMLとCSSを使って、形にしてくれるから、とても勉強なります。

ただ、この本がわかるようになった。きかっけと言うのも、Progateで経験値をしっかり積んでいたためだと思っています。

まとめ

Progateはとてもいい学習サイトです。実際にこの学習サイトで勉強したことによって、ゲームやアプリを作成している人もいるようです。

そのため、「プログラミングってどんなことするかな?」って人は、お試しに勉強してみるといいと思います。

また、私が変なはまり方をしてしまった「ランキング」や「経験値」と言うシステムは、とてもいいシステムです。

心理学で言うところの「ゲーミフィケーション」にあたるシステムなので、前に進んでるという感覚を得ることができます。

私も実体験をしたのですから、間違いないと思います(笑)

ただ基礎文法ばかりやって、ランキングの順位に気を取られてしまうと、私のように時間を損失してしまいます。

この記事を見てくれた方は、私のように失敗しないように、目的を持ってProgateで学習をしていただけると嬉しいです。

ちなみに、同じような失敗を他の学習サイトでしてしまいましたので、その話はまた別の機会にしたいと思います。

この記事が少しでも、あなたのためになれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA