【書評】人を操る禁断の文章術(DaiGo/著)は、人を動かすにはどうしたらよいか書かれている本である。

write-book.jpg

こんにちは!

日常生活でメールや企画書などを使って、お客さんや会社の人に対してお願いする機会ってたくさんありますよね。

私も文章を使って人にお願いする機会があります。自分では上手く伝えたつもりでも、相手には伝わっていなくて「結局、これをすれば利益になるの?」と言われることもあります。

そんな時、「こんなに伝えたのに、どうしてわかってくれないんだ?」と思ってしまいますよね。

私たちが何か文章を書く時は、基本的にその文章を読む「相手」がいます。

その「相手」に何かして欲しくて私たちは文章を書くのに、何もないと悲しいですよね。

例えば、あなたが仕事でお客さんに商品を買って欲しいにも関わらず、書いた文章が悪くて売上が伸びない。

ただ書いた文章は悪いと思って書いていないので、改善点がわかりません。

その結果、買われない文章を書き続けてしまいます。

では、私たちは文章をどのように書けばいいのでしょうか?

本書は、そんな疑問を解決してくれるテクニックがまとめられている本になります。

この本を読んでわかること
  1. 「書かない」3原則
  2. 人を動かす7つのトリガー
  3. 文章を書くための5つのテクニック

著者は、文章の力はとても強い力があり人を動かすことができると述べています。

本書は「3つの原則」「7つのトリガー」「5つのテクニック」を用いることで、「相手」に自ら動いてもらうことができるようになります。

本書は、自分の文章に足りなかったものを気づかせてくれる1冊になります。

「書かない」3原則で人を動かす文章を書く

筆者は文章を書く上で重量なことは、「伝わる文章」よりも「したくなる文章」を考えることが大事であると述べています。

相手から自発的にしたくなってもらうためには、「誰に」「何を」「してもらいたいのか」と言うことを明確にしなければなりません。

また自分の立場で文章を書くのではなく、相手の立場に立つことが重要です。相手に動いてもらうためには、相手のことを良く知り、自分があの人だったらと考えながら書くことが重要です。

この章では「書かない」3原則の人の動かし方について書かれています。

文章の力だけではなく相手の想像力も使いながら、人を動かしていく文章術がまとめられています。

7つのトリガーを使って人を心を動かす

人に動いてもらうには、相手の心を動かす必要があります。

そのため筆者は、相手の心に寄り添うことが最も大切なことであると言及しています。

どのように相手の心に寄り添えば良いのでしょうか?

相手の心を動かすためには、相手の心が何を望んでいる「欲求」を見極める必要があります。

この章では人の心の中にある7つの欲求(トリガー)を使って、人を動かす方法が書かれています。

相手の心が7つの欲求の何に惹かれるのかを、これに焦点をあてることが人を動かす第一歩なのです。

文章を書くための5つのテクニック

文章の書く3つの原則と人を動かすための7つのトリガーが何かを学んだら、後は書くだけです。

文章を書くには5つのテクニックを用いることで、文章を書くことができます。

この5つのテクニックについては、本書を見ていただきたいのですが難しいことではありません。

私たちが文章を書く上で1度は聞いたことがある内容も多いです。

本文には例文が載っているので、興味のある方は書店や通販サイトで試し読みをするのも良いと思います。

人を操る禁断の文章術 [ メンタリストDaiGo ]

最後に

本書には文章で伝えるのではなく、相手に動いてもらうためにはどうしたら良いのかが書かれており、相手から自発的に行ってもらうためには、相手の欲求を満たし心を動かすことが重要であること学べます。

本書は章ごとの最終ページに「まとめ」が書いているため、読み返しやすい本です。

そのため、文章を書かれることが多いという方は、机の上に一冊置いておいて損はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA