【書評】マインドセット「やればできる!」の研究(キャロル・S・ドゥエック/著)で自分の考え方がわかる。

sankousyo.jpg

こんにちは!

なにかを始める時に「どうせ自分なんか…」と思って、結局やらないことはないでしょうか。

私はあります。自分には向いてないからなぁ、なんて考えて結局やらない。

何かを始めるというのは、人生の転機になるかもしれないにも関わらず、やる前から諦めてしまうなんてもったいないと思いませんか?

本書は後ろ向きな「どうせ自分なんか…」を前向きに「やればできる!」に変えることができるかもしれない。

そんな内容になっています。

この本を読んでわかること
  • マインドセットとは
  • 自分のマインドセット
  • しなやかなマインドセットであるメリット
  • 硬直マインドセットであるデメリット
  • 才能は磨けば伸びるものである

著者は、人には2種類のマインドセット(心の在り方)があると言っています。

1つは「しなやかなマインドセット(growth mindset)と呼び、人間の基本的資質は努力次第で伸ばすことができるという心の在り方」

もう1つは「硬直マインドセット(fixed mindset)と呼ばれる、自分の能力は固定的で変わらないと信じている心の在り方」

本書にはしなやかなマインドセットと硬直マインドセットの例が多く挙げられています。

そのため、自分がどちらのマインドセットを持っているかを気づくことができます。

本書に書いてあるしなやかなマインドセットを持つことができれば、人生を豊かにすることができる。

そんな風に考えることができるようになるでしょう。

マインドセット 「やればできる!」の研究 [ キャロル・S・ドゥエック ]

 

本書を読んだ個人的な感想

Awareness.jpg

考え方次第で人生は豊かになる

私は恥ずかしながら典型的な「硬直マインドセット」の人間だった。

本書を読んでから「しなやかなマインドセット」になるように考え方を少しずつ変えてはいますが、劇的になにか変わるわけではありません。

しかし、ほんの少しですが楽しく生きれるようになったのかなと思ってます。

失敗をしても凹まない

失敗をしても凹んでそのままにする必要はない。失敗したところを直してまた進めば良い。

そんな前向きな気持ちにさせてくれます。

気が付かぬうちに硬直マインドセットに

本書を読み返してこの記事を書いています。

気が付かぬうちに硬直マインドセットに戻っているところも多々ありました。

少しずつ自分のマインドセットを、しなやかなものにするよう努力を忘れてはダメですね。(笑)

本書に向いている人・向いていない人

goodpoint.jpg

本書に向いている人・向いていない人を説明します。

向いている人

本書に向いている人について説明をしていきます。

  • 何かを始めたいけど、自分には無理だと思って始めることが出来ない人
  • 思い込みが激しい人
  • 失敗するのが怖い人

何かを始めたいけど、自分には無理だと思って始めることができない人

本書は「自分には無理」「どうせ自分なんか」と思ってしまうそんな人に向いています。

本書ではしなやかなマインドセット(人の能力は努力次第で伸ばすことができるという心の在り方)の良いところ多く挙げている。

始めたばかりはできなくても、努力次第でできるようになると教えてくれます。

そのため「自分には無理」と考える人には、良い刺激になるでしょう。

思い込みが激しい人

自分は○○だからと思い込み、変わろうとしない人に向いています。

決めつけてしまうと変わることが怖くなってしまうものです。

時に思い込みも大事でしょうが、マインドセットをしなやかなものに変えることで人生を豊かにできるでしょう。

失敗するのが怖い人

始める前から、失敗を怖がる人には本書はオススメすることができます。

失敗したら終わりだと考えてしまって、なにか始めることができないのはもったいないことです。

失敗しても次にどうするかを考えることが大事ですから。

そういった方に向いていると思います。

向いていないない人

badpoint.jpg

本書に向いていない人を説明していきます。

  • 同じような話を聞きたくない人
  • 数字で根拠を求める人
  • ノウハウが欲しい人

同じような話を聞きたくない人

本書は「しなやかなマインドセット」と「硬直マインドセット」この2つに焦点を当てて説明されます。

ビジネス・教育・人間関係など多方面にわたって説明が続くため、同じような話が続く。

そのため、同じ話をしていると思ってしまう人には向いていません。

数字で根拠を求める人

マインドセットは心の在り方です。そのため数字で良い結果だったかどうかを図ることはできません。

ノウハウが欲しい人

本書ではノウハウのようなテクニックは一切書かれていません。

そのため人生を豊かにするノウハウが知りたい方には、向かないでしょう。

本書の情報

目次

  1. 第1章 マインドセットとは何か
  2. 第2章マインドセットでここまで違う
  3. 第3章 能力と実績のウソホント
  4. 第4章 スポーツーチャンピオンのマインドセット
  5. 第5章 ビジネスーマインドセットとリーダシップ
  6. 第6章 つきあいー対人関係のマインドセット
  7. 第7章 教育ーマインドセットを培う
  8. 第8章 マインドセットをしなやかにしよう

著者:キャロル・S・ドゥエック

スタンフォード大学心理学教授。パーソナリティ、社会心理学、発達心理学における世界的な権威。イエール大学で心理学博士号(Ph.D.)を取得後、コロンビア大学、ハーバード大学で教鞭を執り、現在に至る。人間の思考様式への関心は、30年来で、モチベーション、人間関係、メンタルヘルスに関する研究で大きな業績を上げてきた。

引用元:amazon

内容紹介

スタンフォード大学発の世界的ベストセラー!!

能力や才能は生まれつきではなかった。問題がむずかしいとやりたがらない子、むずかしいほど目が輝く子。一度の失敗でもうダメだと落ち込む人、失敗すると何がいけなかったかを考える人。この違いはどこから来るのか…。

学業・ビジネス・スポーツ・恋愛・人間関係……、成功と失敗、勝ち負けは、“マインドセット”で決まる。

20年以上の膨大な調査から生まれた、「成功心理学」の古典的名著、完全版になって新登場!『「やればできる!」の研究』改題。

引用元:楽天

まとめ

スタンフォード大学の心理学の教授に書かれた本書は、人のマインドセットの大切さについて書かれた本だと言えるでしょう。

人は「やればできる!」と考え、絶え間なく努力することで成長することができます。

もちろん失敗してしまうこともあるでしょう。

失敗したからと言って、自分がダメなわけではありません。

考え方を変えることで、失敗からも学び成長することができる。

それが「しなやかなマインドセット」なのです。

マインドセット 「やればできる!」の研究 [ キャロル・S・ドゥエック ]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA